転職を検討するべく、医師募集をお探しのみなさまに大切なことを、今回は何記事かに分けてご紹介していきたいと思います。
まず、初回となる今回の内容としては、医師が転職を検討する上で「転職先の条件をあらかじめ設定しておくことの大切さ」についてお話したいと思います。

何故、あらかじめ転職に関して設定しておいた方がいいの?

そもそも、みなさんは何故転職を検討されているのでしょうか。
これは皆さんそれぞれ違う理由を抱えておられると思いますが、要は今の職場環境に何らかの不満があるということに他ならないと思います。
病院勤務の医師に多いものを挙げるとすれば、まずは『人間関係』そして『労働環境問題』これが中でも特に多いでしょう。

その他にも・・・

労働内容と賃金が見合っていない
果たさねばならない責務があまりのも重たすぎる
将来的なキャリアが見込めない
症例数が限られてしまう

挙げればキリがないのでこのあたりで割愛させていただきますが、これらは全て「現在の職場から離れたいと感じる理由」であり、いわばネガティブなものと言い換えることもできるかもしれません。

『○○だから辞めたい』まずはこの部分をあらためて整理し、しっかりと認識をしておくことはとても大切です。
なぜならば、あなたが何のために転職活動を検討しているのか、これこそがモチベーションとなるからです。

この部分が弱ければ、安易な条件に流されてしまったり、妥協してはいけない部分で妥協してしまうことになりかねません。
良い転職をしようと思えば、あなた自身が抱えている問題を明快に解き明かし、その問題を解決するための転職を行う必要があるのです。

では、どうすればいいの?

あなた自身が抱えている問題を解決するためにはどうすればいいのか。
それには、あなた自身が満足したい条件を明らかにすることが大切です。
分かりやすい所で言えば、人間関係が明るい職場に異動したい、自宅から通いやすい場所に移動したい。
賃金を今よりも大きなものにしたい、よりキャリアアップしたい、このようなものがありますよね。

もちろん、挙げ出せば幾らでも出てくるのでしょうが、これも少し整理しておきたいところです。
必ず達成したいものをベースに、その他のものには優先順位をつけておいた方がいいでしょう。

アレもコレも、と考えていると「安易なもの」にひっかかりやすくなります。
また、このような条件等は働く地域によっても大きくことなります。
そのため、自身が働いている地域、働くことを検討しているエリアの情報も併せて得ておくことが大切です。